松江算数活塾のロゴ

活塾草紙その弐(松江算数活塾)

 最も有名な落語といえば、「まんじゅう こわい」と双璧をなすのが「じゅげむ」です。おしょうさんにめでたい名前をつけてもらったのはいいが、あまりに長い名前で呼ぶだけでたいそう時間がかかる。それがために起きるドタバタを笑う滑稽話です。私がいちば ん頼りにしているテキストは、小佐田定雄さんの『5分で落語の読み聞かせ』(PHP)ですが、これには続編が2冊あ ります。小佐田さんは、それぞれの巻頭に「じゅげむ」とその改作を載せています。一巻では「じゅげむじゅげむ…」と名を呼ぶ間にたんこぶがひっこむ原型を載せるも、 続編では小佐田流アレンジが冴え渡ります。 テストで名前を書いていると時間切れになる、選挙カーで名前を連呼していたら落選する、ボクシング選手になったらリングアナウンサーが名前を呼ぶ間に相手が怒りだ してしまう、など。「じゅげむ」の職業や立場を替えるだけでおもしろい エピソードが生まれます。

 子どもたちにとってこれほど語りやすい演目は他 にありません。なぜなら「じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょの…」と名前を覚えてしまえば、話の大半を覚えたことになります。あとはお母さんが朝起こすとか、友達とけんかするとか場面を変えて繰り返します。高尾小学校では、代々中学年が十八番にしてお客様に披露してい ます。

子どもが演じる「じゅげむ」

   前座話としてあまりに有名過ぎるためか、実際の寄席や高座でこの「寿限無」を聞いたのはたった一 度しかありません。前座であってもプロとアマでは 歴然とした違いがあるものですが、残念ながら、あ まりおもし ろく思えませんでし た。高尾小の子ども たちの方がよっぽどおもしろい と思いました。話の 巧拙ではありません。落語は、子どもが主役の話が 意外と少なく、「じゅげむ」はその意味では貴重な 話です。子どもを演じるには、やっぱり子どもがい ちばんしっくり きます。「じゅげむじゅげむ…」と たどたどしくも一生懸命語っている姿は、ほほえま しさがベースにあるためか、笑いを誘引しやすいよ うです。それに、小さな子どもの声でリズミカルな「じゅげむ」を聞く、それ だけでも気分が高揚する のかもしれません。いつでもどこでもよく受けます。

  今年、三遊亭白鳥さんの「寿限無」を聞く機会が ありました。白鳥さんは、創作落語の名手として人気があり、ちょっとぶっ飛んだ笑いを作らせたらピ カイチです。彼が正統「寿限無」をするはずなく、 案の定「スーパー寿限無」とい うタイトルで話を始めました。めでたい名前をつけてもらうために相談に行った先は、白鳥師匠。「今の人類に最も必要なものは何だ。愛だろう。愛はフランス語でジュテーム。二つ重ねてジュテームジュテーム。」という調 子。館内大爆笑でし た。 
 どんなアレンジにも応じて新しい笑いを作り出す、というよりアレンジをさせずにはおかない「じゅげむ」は実に懐の深い偉大な話であります。

文 宮森健次